2018年04月14日

VFC Mk18mod1 ちょっとだけアップデイト!

こんにちは!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ようやくこのブログも時間的に追いついてきまして
銃の記録がほぼほぼ済みましたから、
ネタがあまりありません。

これからはほんのちょっとだけ触ったり、いじったりしたことしか
アップ出来なくなりそうです。

その代わり、ずいぶん前にいじった記録ではなくて
割と最近いじったことが書けるので
記憶に新しいので、間違えることが少なくなるかも?


ということで
今回はVFC MK18mod1 GBB(2012 Ver.)をちょとだけ
弄りました。


今回購入したのはコレ

G&P M16A1用ボルトフォワードアシストです。

ミリブロ読んでると、Mk18mod1をお持ちの方が
時々フォワードアシストをコレに交換されてて、
なんだかカッコいいように思えておりました。

陸か海かわかりませんが特殊部隊の人のMk18mod1の画像で
このように交換されてることがあるのですね。

ミーハーですからすぐに真似しちゃいます。
早速取り付けましょう。


そうはいいましても
G&P製ですからVFCにすぐには付かないですね。

まず、ピンが飛び出てますわ


ピンを抜くのも面倒だから、そのままでリューターで削ったけど
まだ、入りません。


少しずつ、全体的に削りましたよ。


あまり苦労なく、なんとか入りました。
このままでも見えないからいいのですが
錆びそうなので、ちょっとだけきれいに整形して黒染めしておきました。


交換完了!

余ったVFCのフォワードアシストは、他の銃に付けてやりたいと思います。
以前書いたけどG&PのSR16とかのは、ちょっと短いので。
*交換がいつになるかはわかりませんが・・・・


組立てて、アップデイト完成です。




せっかくですから
フル装備にして全体画像でも


滅多にスリングとかつけないのですが
たまにはいいかもしれませんね。

それでは、また。









  


Posted by イベルオ  at 13:59Comments(4)Mk18mod1(VFC)

2018年04月07日

今更ながらVFC Mk11mod0です。(その5)

シリーズ5回目でほぼネタ切れになりましたVFC Mk11mod0です。



前回、ハンドガード内にあったヘンテコプレートをやっとの思いで取り除けたところまでお話しました。

ちょっと見えずらいですが、ちゃんと奥のほうまでバレルが見えてますね。
これでこそフリーフロート!

お持ちでない方は何のことかよくわかんないかもしれないですが、
前回のブログで見てやってください。


それで、ハンドガードやバレルはちゃんと取れるようになったところで、
バラしながらちょっと思いついた。

どこかで読んだか見たのか忘れましたが、このVFC Mk11mod0のバレルってちょっと短いんですか?そんな疑惑があったように思います。*お持ちの方か詳しいことご存知の方はコメントでご一報ください。


アウターバレルの先端部分が別パーツになっておりまして、ジョイント部分が結構長いよね。

ここになんか嵌め込んだら、ちょっとだけ長くなるんじゃないかな?なんて思いまして・・・・
このような塩ビのパイプを探してきました。

ハマりそうな予感。


塩ビパイプですから、ヤスリやリューターなんかでボチボチサイズを合わせました。


こんな感じで前後のバレルが結合するんですが、その間にちょっと塩ビパイプをかましただけです。ガスブロックで隠れるような場所ですからちゃんと入り込めば仕上げは少々汚くても見えません。

それよりもあまり塩ビを長くするとジョイントのネジ部が足りなくなってグラグラすると思いますので、まあ、こんなところが限界かな?


それで完成。

1cmくらいしか伸びてないので、まったくわかりませんね。

VFC Mk11mod0のバレル本当に短いのかな?
もし、短いのでしたらどこかちゃんとしたバレルの先っちょだけでも作ってくれませんかね?

IRON様、Mk11mod0用のヘビーバレル作っていただけませんか?

ということで、
VFC Mk11mod0 GBBはあまり触れるところもなく
記録終了です。

また、何か変更したらアップします。
どうぞよろしくお願いいたします。










  


Posted by イベルオ  at 11:36Comments(0)Mk11mod0(VFC)

2018年04月04日

今更ながらVFC Mk11mod0です。(その4)

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

前回ハンドガードが外れないというお話をいたしました。

一旦元に戻してどうすればいいのか検討してみました。
まずいときには頭を冷やすために中断して元に戻すのが得策と思ってます。

イベルオは結構短気でございますから、往々にして物をすぐに壊してしまいます。思慮が足りません。

頭を冷やしてから別の日に再度挑戦いたしました。

今度はまったく別の作戦です。


結論から言いますと成功しました。
やっとハンドガードが外れました。


前回書きましたヘンテコなプレートとはこいつの事です。

この憎いプレートをどうやって外したかといいますと本当はバレルが傷つくのではないかと心配でやりたくなかった方法なんですが、どうも軟性のプラのような素材感だったものですから強引にハンドガードの隙間からポンチを入れてコツコツとハンマーで上下左右から叩いてハンドガードの前方にプレートをちょっとずつ移動させる作戦で取れました。

これが取れたからには、ハンドガードも前側から外れます。

このプレートのせいでお困りの方はお試しください。(たぶん誰もいないとは思うけど)

ハンドガードが外れたら、もうこのバレルの途中にあるイモネジを外す意味は皆無です。
もう一生外れなくていいです。なんだか悔しいけど。


このバレルナットを外す工具もちゃんと買っておきました。
けっこう高いですね。VFCさん。


外してビックリしたのは、このバレルナット
スチールじゃないです。とても軽いのでアルミかな?大丈夫なんだろうか?


この状態までばらせる事ができるようになったのでチャンバーパッキンも交換できますね。
たぶんしないけど。お座敷ですから。
*バリが結構残ってますね。

チャンスがあれば、この滑り台部分を切り取りたいのですが。。。。

ということで本日は以上です。
壊さずにハンドガード~アウターバレルを外すことが出来るようになったというところまでです。


mk11mod0が続きますからまた見に来てください。


  


Posted by イベルオ  at 13:40Comments(0)Mk11mod0(VFC)