2018年05月11日

落札したVFCのGBBいじってます!

前回から ヤフオクでジャンク扱いで落札したVFCのGBBで楽しんでます。

一旦ばらして各部点検しました。
今のところ致命傷はありません。
むしろかなり状態が良かった方だと思います。ちょっとラッキー

状態が悪ければ部品取り用かヤフオクで売ろうと思ってたのですが
良い状態なので、ちょっと遊ばせていただこうかと。


それで、このVFC M4には
うちで以前PrimeのMk12mod1を作ったときに余ってしまいました
フロントパーツ類を付けてみることにしました。
*なぜ余ったかは、こちらを見てね。


余ったG&Pのアッパーセット:上側のほう

G&PってVFCに取り付けできるのかな?とは思ったのですが
一応 WA系なのでなんとかなるかな~~~と思ってぶっつけ本番で。




あまったG&P製スチールバレルに交換してみました。


またか~~~。
バレルナットはG&P製ですが、VFCのアッパーのネジと互換で問題なし。
しかし上の画像の様に最後まで締まりません。

なんだかデジャブーですね。Mk18Mod1のときもやったような気が・・・・
原因はいつもこれ

G&Pのフランジが厚みがあるので締まりません。VFCのフランジは薄目です。



仕方ないので、前回同様 グラインダーで少しずつ仕上げましょう!

少しずつ削っては計りながらフランジが傾かないように慎重に。

一応VFCのフランジと同じくらいの2mmくらいまで削りました。


取り付けます。 もうちょっと削りたいけどまあ、こんなものかな。



削った後に気が付いたんですが、もうG&P製のホップアップチャンバーセットは使えなくなりました。
*下は削る前の画像です。

フランジを削ったことでG&P製のホップアップ調整ネジのところの長さがバレルの中に入れたときに奥でつっかえてしまって最後まで入らないです。

そういうことか。

先輩たちのブログを見ておりますとフランジを薄くする場合に
イベルオの様にバレルのフランジの後ろを削るのではなくて
フランジの前側を削って薄く仕上げるのを見たことがあります。

前を削れば、バレルの長さが変わらないからG&P製のインナー&ホップアップセットが使えたんですね。

まあ、フランジの前側を削るような技術は持ってないし
VFCのインナー&ホップアップセットを取り付けられるので
良しとしましょう。

G&PのアウターバレルとVFCのインナーバレル&ホップアップユニットの組み合わせです。


取り敢えず組むことは出来ました。



今日のところはここまでです。次回も続きます。

ご覧いただき、ありがとうございました!



  


Posted by イベルオ  at 14:12Comments(2)M4改(VFC 2017ver.)