2018年05月19日

VFC M4改の続きです!

ヤフオクで落札したVFC M4改にG&PのMk12(SPR)を取り付けたところまで
前回 記録したのですが。。。。

ちょっと問題発生(前回気が付かなかった)

前回までの出来上がり状態


コレを見て気づく人は神様かも。
この状態で毎日触ってたら、何となく違和感がありまして。

なんだかバレルが曲がってるか?いや真っすぐだね。レイルの中心だもん。


こっち側から見てもど真ん中ですし、気のせいかな?


いいや、絶対曲がってるよね。

しばらく考えたけど、やっぱりオレってバカでした~~~。
バレルがどの方向に向いてしまってもバレルナットも同時に微妙に傾いて締まって
レイルのど真ん中にバレルが収まっているように見えるみたいです。

ですから、前方向からみたら、どうなっていてもドンピシャど真ん中に見える。

この画像ならわかるでしょうか?バレルとレイルが同じ角度で下がっています。
前側が下がっているのがわかりますか?
わかりずらいので赤線引いてみました。笑



正確には、いつもの通り 床に銃を逆さまにおいてトップレイルを下にして置いたときのレイルと床の隙間の差で見極めました。
以前ご紹介した方法


相当前側に傾いてました。*あまりに焦って画像撮り忘れました。

さて、また調整せねば.....


アウターバレルのフランジ削ったので、まずそこの確認からですが、
バラシてみたら、VFCのアッパーのバレルソケット(エクステンション)が入るところの上側にバリが。

それと、G&Pのアウターバレルの溝とソケットの凸部分のハマり具合が思わしくなくってアウターバレルとアッパーの間(特に上側)に僅かな隙間が出来てました。

僅かな隙間ですが、長いバレルをつけますから相当傾きますね。
現物を合わせながら、あちらこちらを削っては何度も取り付けてみました。

*余談ですが、この中古購入のVFC M4は上記の画像の様に
 ピボットピンのフレーム前にかなり傷がついていますね。
 これは私も経験があるのですがMK18 RISⅡレールが付いていたものと思われます。
 RISⅡをギリギリにセットするとこの画像の様にテイクダウンする際にピボットピン前側が
 レールでこすれて傷つきます。(私のVFC Mk18mod12012ver.も同じようになってます。)
 以前に言いましたようにこの個体は元々VFC Mk18mod1だったのだと思われます。
 余談終了。


見た目ではほぼわからなくなりましたのでOKにしましょうかね。




【おまけの記事】
試射したら、真っすぐ飛びません。
お座敷ですから、あまり気にはならないほうですがションベン弾や弾ポロは勘弁です。

うまくホップが利いてないみたい。他の方の画像で見たらなんだか押しゴムの形が違うような気がします。片方ちぎれたのかな?


あまり気にもしないでそのままでホップアップチャンバーをバラシてから、押しゴムの上に薄いゴム(マルイのホップパッキンを切ったもの)を挟んでおきました。
新しいホップパッキンや押しゴム買えばいいんですけどね。
このホップアップチャンバーに向いているパッキンって純正以外では何がいいかご存知の方は教えてください。

まあ、本当は20mくらい真っすぐ飛んでくれたらそれでいいんですけどね。お座敷ですから。。。

ご覧いただきありがとうございました。





  


Posted by イベルオ  at 11:29Comments(5)M4改(VFC 2017ver.)

2018年05月15日

VFCにG&Pのアウターバレル取り付けたけど。

相変わらず
VFCのM4を弄ってます。

前回なんとかG&P製のアウターバレルが付きました。

それで、こんな状態になってます。



上下も組んでみました。

サイトがないので、落札した時についていたTROYの前後を付けてみた。

パッと見ではVFCのMk12mod1に見えなくもないような。。。

でも一番違うのは
バレルの先っちょですね。
G&Pのセットからの移植ですから 本物のOPSのハイダーやサプレッサーカラーの様に部品が分かれていますので色味が違ってカッコいいのです。*この辺がVFCのって一体化していて私は好きじゃない。

バレルもG&P製はスチールなので重たいです。細いのがちょっとトホホですが。
まあ、この細いのが嫌でPrimeのほうのMk12はZ-Parts製に交換したからこのG&Pのフロントが余ったんですけどね。
*詳しくはこちら


それから、どうしてもこのトリガーガードは気に入らないので取り替えたいけど
VFCのトリガーガードなんて持ってません。
パーツをあさってたらどうもこれまたG&P製?があったので取り付けようかと。


でも、付きませんでした。長さがG&P?のほうが長いんですよ。ピン穴と合いません。


ちょっと考えたんですが
短いのは無理だけど、長いのは曲げちゃえば入るんじゃね?

いつものイベルオのやっつけ仕事です。

適当に曲げたから、ちょっと角ばってますね。


これくらいの距離から見たらマグプルのトリガーガードっぽくないですか。

しばらくはコレでいいか。。。また今度きちんとしたVFCのストレートのを手に入れようかな、高くないし。


これまた、Prime Mk12のときに余ったA.R.M.S.のレプリカ・スコープマウント

ちょっとそれらしくなってきたんじゃないかな?


今日までの仕上がりです。



ご覧いただき、ありがとうございました。

もうちょっとこのVFCをイジります。












  


Posted by イベルオ  at 00:01Comments(2)M4改(VFC 2017ver.)

2018年05月11日

落札したVFCのGBBいじってます!

前回から ヤフオクでジャンク扱いで落札したVFCのGBBで楽しんでます。

一旦ばらして各部点検しました。
今のところ致命傷はありません。
むしろかなり状態が良かった方だと思います。ちょっとラッキー

状態が悪ければ部品取り用かヤフオクで売ろうと思ってたのですが
良い状態なので、ちょっと遊ばせていただこうかと。


それで、このVFC M4には
うちで以前PrimeのMk12mod1を作ったときに余ってしまいました
フロントパーツ類を付けてみることにしました。
*なぜ余ったかは、こちらを見てね。


余ったG&Pのアッパーセット:上側のほう

G&PってVFCに取り付けできるのかな?とは思ったのですが
一応 WA系なのでなんとかなるかな~~~と思ってぶっつけ本番で。




あまったG&P製スチールバレルに交換してみました。


またか~~~。
バレルナットはG&P製ですが、VFCのアッパーのネジと互換で問題なし。
しかし上の画像の様に最後まで締まりません。

なんだかデジャブーですね。Mk18Mod1のときもやったような気が・・・・
原因はいつもこれ

G&Pのフランジが厚みがあるので締まりません。VFCのフランジは薄目です。



仕方ないので、前回同様 グラインダーで少しずつ仕上げましょう!

少しずつ削っては計りながらフランジが傾かないように慎重に。

一応VFCのフランジと同じくらいの2mmくらいまで削りました。


取り付けます。 もうちょっと削りたいけどまあ、こんなものかな。



削った後に気が付いたんですが、もうG&P製のホップアップチャンバーセットは使えなくなりました。
*下は削る前の画像です。

フランジを削ったことでG&P製のホップアップ調整ネジのところの長さがバレルの中に入れたときに奥でつっかえてしまって最後まで入らないです。

そういうことか。

先輩たちのブログを見ておりますとフランジを薄くする場合に
イベルオの様にバレルのフランジの後ろを削るのではなくて
フランジの前側を削って薄く仕上げるのを見たことがあります。

前を削れば、バレルの長さが変わらないからG&P製のインナー&ホップアップセットが使えたんですね。

まあ、フランジの前側を削るような技術は持ってないし
VFCのインナー&ホップアップセットを取り付けられるので
良しとしましょう。

G&PのアウターバレルとVFCのインナーバレル&ホップアップユニットの組み合わせです。


取り敢えず組むことは出来ました。



今日のところはここまでです。次回も続きます。

ご覧いただき、ありがとうございました!



  


Posted by イベルオ  at 14:12Comments(2)M4改(VFC 2017ver.)

2018年05月03日

落札したジャンクGBBをばらしてみた。

こんにちは。
ご覧いただきありがとうございます。

前回書きましたが
ヤフオクで『ジャンク扱い』という説明があったVFC GBBを落札いたしました。



一応ざっと見た感じでは、ジャンク要素はありませんでした。
ストックがゆるくてカタカタなくらいかな?

早速余ってるクレーンストックに交換しました。

もちろんレプリカですが、LMTの刻印が入ってるイイ感じのヤツ。
逆にきつかったのですが、シリコンスプレー吹いてちょっと動きやすくなりました。
カタカタよりは全然いいです。

まず、上下をバラシて



次はよくわからないけどレイルを外してみよう!
ダニエルディフェンス Ωレイル 12.0って書いてあるレイル。

どうやって外すのかわからんけど、とりあえずネジを全部外してから

デルタリング周りにあったイモネジ4個外して まず下レイルを取ってから
あとは普通にデルタリング式のレイルの外し方で大丈夫でした。


なに?このバレル。 へんな継ぎ目があるね(赤丸) バレルのエクステンションですね。

これ、締めこんでもココまでしか入りませんよ。
たぶんピッチが違うのかな?
このハンドガードとバレルのまま使用したい人なら、この部分はジャンク扱いかな。

落札前から、もし入手したら前側(レイルとバレル)は交換しようと
思って購入したので、特には問題なし。


うちに転がってたMK18mod1(VFC 2012ver)用アルミバレルと比較

*下の黒いほうがVFC 2012Ver.のアルミバレルです。
長さが全くいっしょの10.5inchっぽいので、やはりこの個体は箱の表示の通り元々VFC Mk18mod1だったのでしょう。

きっと以前の所有者が、Mk18mod1のレイルのみ欲しくって外したのかな?
このパターン多いですよね。(VFCのMk18のレイル、とても人気があって単品でも3万円くらいで出品されたりしてます。)
それで、余った本体に手持ちのレイルやバレルエクステでそれらしくセットしたもの?
でも、この状態ならジャンクというほど、ひどくないですよね。
この状態で入手できた私的には大満足です。


前側は問題なくバラバラになってくれたので
ようやくやりたいことを始められます。



つづく





 


  


Posted by イベルオ  at 10:53Comments(2)M4改(VFC 2017ver.)

2018年04月28日

久しぶりの銃本体購入です!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

銃本体の購入は、本当に久しぶりです。

2016年9月にVFC Mk11mod0を購入して依頼ですから1年半くらい本体は買っていません。
*この期間に1回G&PのSPRっぽいGBBをヤフオクで落札したんですが、部品取ってからオークションで売ったので記録すら残っておりません。

記録はないけど、画像だけありました。
(本文には全く関係ない G&P製GBB SPR風)

今回の話題に関係ない画像でした。すみません!


それでは、本題に。

今回もまたヤフオクで入手したのですが、中古品です。

VFCのガスブロです。


オークションの説明ではジャンクということでした。


出してみた!



どこがジャンクなのかは書いてなかったので、壊れてたら部品取りにでもと思い購入しました。


VFC V-MAGですねー 壊れてるのか?

マガジンはちゃんとガス漏れもなく問題なし。

中味はどうかな?

全部スチールパーツですな。破損はなさそうです。

ボルトキャリアーは?

スチールチップ入りのV3ノズル。ちょっと削れているけど、まだまだいけそうです。

アッパーのレイルには、サイト搭載時の傷があるけど、まあコレは仕方ないよね。


フロント部分は変更されてる。

ダニエル・ディフェンス社のΩレール12.0って書いてある。
民生パーツのレプリカだと思うのですが、よくわかりません。

そのほかには
謎のアウターバレル(ヘンテコな溝がありますね)


前後にTROYのサイトが載ってました。

見たところ、ジャンクというほどの破損はなさそうです。

ストックはCTR

これは、カタカタしてこのままでは使えないです。


そして独特なトリガーガード

どこのものか、全く知りません。

リコイルバッファーもハイスピードタイプ?



今回ヤフオクで購入したこの銃なんですが、
VFCの2015ver.かな?って思いながら購入したのですがマガジンがV-MAGだったので、もっと新しい物か?でもマガジンは後から買い足せるし交換されてるかもしれないし、とか情報が少なくてよくわからないまま、ジャンク扱いであまり高くなっていなかったので競争も少なくお手頃価格で落札させていただきました。


元々はこの箱が正しければ、VFC Mk18mod1 DX(デラックス版)かもしれないですね。
中味が全部スチールですし、よくわからなかったので調べてみたんですが2015ver.よりも新しそうです。

そう思ったのはVFCの2015ver.は今回の商品とは刻印が違って見えます。

今回落札したものは、
型押しではなくて、レーザー刻印のような ちょっと細い感じ。しかもシャープです。
最近のプレミアムVer.の刻印などもそう見えます。*持ってませんから推測。

というわけで、この銃はVFC M4改(2017ver.)ということにしました。
VFCの製品は、Ver.違いで呼び方が違うのでよくわからないのですが
もし、違ってたりよくご存じの方がいらっしゃれば教えてください。


この銃は今のところ、まったくジャンク要素が見当たりません!

販売してくださった方、本当にありがとうございます。

一番気に入ったのは、レシーバーの上下が隙間なくハマっており
まったくガタがありません。
それなのに、ピボットピンもテイクダウンピンもスムーズに抜ける気持ちよさ!

これからの暇つぶしに少しずつ弄りたいと思っております。














  


Posted by イベルオ  at 12:31Comments(2)M4改(VFC 2017ver.)

2018年04月21日

VFC Mk18mod1 GBBのマガジン(旧型)

ご覧いただき、ありがとうございます。

ガスブロの季節が近づいてまいりましたね。
とは言いましても、あまりガンガン撃つ方ではないのですが。。。

それでも、少しは撃ちますので
マガジンにガスを入れるときに快適に入れたいものです。

それでバルブを交換いたしました。

今更ではありますが、
ブログに書くほどのことではないのですが
ネタがないのでご了承ください。

VFCのマガジン(旧型)は海外仕様なのかどうか知りませんが
ガスが入りづらいですよね。


以前ご紹介いたしましたこの画像のマガジン(P-MAG)は作っていただいたので
とても気持ちよくガスが入ります。

しかし、VFCに付属していた旧型マガジンはなかなかガスが入りません。
*最新バージョンでもやはりデフォのままではガスが入らないと聞きました。

そんな時には、
『タニオコバ製WE用国内用マガジン交換バルブ』に交換しましょう!


すでに交換してますが、シルバーのほうがタニオコバ製
真鍮のほうがVFCについてたものです。

これに交換するだけで、
とても気持ちよくシュ~~~って入りますし拭き戻すので満タンもすぐわかります。

*いつも通りヤフオクのポイントが貯まって期限が近づいたので何か買うものないかなと探してこのバルブを2個で900円送料込みで落札いたしました。

あとから気が付いたのですが
VFC Mk11mod0に付属していたJP仕様のバルブと全く同じものでした。



交換後にプレートを取り付けますが、ガスの穴がちょっとだけずれてるんです。
ドリルでプレートの穴を大きくするといいのかな?まあ、ガスが入るのでこのままでいいか。

それよりこのプレート、刻印も何もなくてなんだか寂しいですね。新型はどうなんだろうか?
新型HK仕様のマガジンは、Mk18mod1にはちょっと似合わん感じなので
こいつと同じ形の新型をVFCさん、どうか作ってください。刻印入りで。


まあ、どうせマグプル(レプ)で隠しますけどね!


それでは、また見に来てください。


  


Posted by イベルオ  at 11:40Comments(2)Mk18mod1(VFC)

2018年04月14日

VFC Mk18mod1 ちょっとだけアップデイト!

こんにちは!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ようやくこのブログも時間的に追いついてきまして
銃の記録がほぼほぼ済みましたから、
ネタがあまりありません。

これからはほんのちょっとだけ触ったり、いじったりしたことしか
アップ出来なくなりそうです。

その代わり、ずいぶん前にいじった記録ではなくて
割と最近いじったことが書けるので
記憶に新しいので、間違えることが少なくなるかも?


ということで
今回はVFC MK18mod1 GBB(2012 Ver.)をちょとだけ
弄りました。


今回購入したのはコレ

G&P M16A1用ボルトフォワードアシストです。

ミリブロ読んでると、Mk18mod1をお持ちの方が
時々フォワードアシストをコレに交換されてて、
なんだかカッコいいように思えておりました。

陸か海かわかりませんが特殊部隊の人のMk18mod1の画像で
このように交換されてることがあるのですね。

ミーハーですからすぐに真似しちゃいます。
早速取り付けましょう。


そうはいいましても
G&P製ですからVFCにすぐには付かないですね。

まず、ピンが飛び出てますわ


ピンを抜くのも面倒だから、そのままでリューターで削ったけど
まだ、入りません。


少しずつ、全体的に削りましたよ。


あまり苦労なく、なんとか入りました。
このままでも見えないからいいのですが
錆びそうなので、ちょっとだけきれいに整形して黒染めしておきました。


交換完了!

余ったVFCのフォワードアシストは、他の銃に付けてやりたいと思います。
以前書いたけどG&PのSR16とかのは、ちょっと短いので。
*交換がいつになるかはわかりませんが・・・・


組立てて、アップデイト完成です。




せっかくですから
フル装備にして全体画像でも


滅多にスリングとかつけないのですが
たまにはいいかもしれませんね。

それでは、また。









  


Posted by イベルオ  at 13:59Comments(4)Mk18mod1(VFC)

2018年04月07日

今更ながらVFC Mk11mod0です。(その5)

シリーズ5回目でほぼネタ切れになりましたVFC Mk11mod0です。



前回、ハンドガード内にあったヘンテコプレートをやっとの思いで取り除けたところまでお話しました。

ちょっと見えずらいですが、ちゃんと奥のほうまでバレルが見えてますね。
これでこそフリーフロート!

お持ちでない方は何のことかよくわかんないかもしれないですが、
前回のブログで見てやってください。


それで、ハンドガードやバレルはちゃんと取れるようになったところで、
バラしながらちょっと思いついた。

どこかで読んだか見たのか忘れましたが、このVFC Mk11mod0のバレルってちょっと短いんですか?そんな疑惑があったように思います。*お持ちの方か詳しいことご存知の方はコメントでご一報ください。


アウターバレルの先端部分が別パーツになっておりまして、ジョイント部分が結構長いよね。

ここになんか嵌め込んだら、ちょっとだけ長くなるんじゃないかな?なんて思いまして・・・・
このような塩ビのパイプを探してきました。

ハマりそうな予感。


塩ビパイプですから、ヤスリやリューターなんかでボチボチサイズを合わせました。


こんな感じで前後のバレルが結合するんですが、その間にちょっと塩ビパイプをかましただけです。ガスブロックで隠れるような場所ですからちゃんと入り込めば仕上げは少々汚くても見えません。

それよりもあまり塩ビを長くするとジョイントのネジ部が足りなくなってグラグラすると思いますので、まあ、こんなところが限界かな?


それで完成。

1cmくらいしか伸びてないので、まったくわかりませんね。

VFC Mk11mod0のバレル本当に短いのかな?
もし、短いのでしたらどこかちゃんとしたバレルの先っちょだけでも作ってくれませんかね?

IRON様、Mk11mod0用のヘビーバレル作っていただけませんか?

ということで、
VFC Mk11mod0 GBBはあまり触れるところもなく
記録終了です。

また、何か変更したらアップします。
どうぞよろしくお願いいたします。










  


Posted by イベルオ  at 11:36Comments(0)Mk11mod0(VFC)

2018年04月04日

今更ながらVFC Mk11mod0です。(その4)

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

前回ハンドガードが外れないというお話をいたしました。

一旦元に戻してどうすればいいのか検討してみました。
まずいときには頭を冷やすために中断して元に戻すのが得策と思ってます。

イベルオは結構短気でございますから、往々にして物をすぐに壊してしまいます。思慮が足りません。

頭を冷やしてから別の日に再度挑戦いたしました。

今度はまったく別の作戦です。


結論から言いますと成功しました。
やっとハンドガードが外れました。


前回書きましたヘンテコなプレートとはこいつの事です。

この憎いプレートをどうやって外したかといいますと本当はバレルが傷つくのではないかと心配でやりたくなかった方法なんですが、どうも軟性のプラのような素材感だったものですから強引にハンドガードの隙間からポンチを入れてコツコツとハンマーで上下左右から叩いてハンドガードの前方にプレートをちょっとずつ移動させる作戦で取れました。

これが取れたからには、ハンドガードも前側から外れます。

このプレートのせいでお困りの方はお試しください。(たぶん誰もいないとは思うけど)

ハンドガードが外れたら、もうこのバレルの途中にあるイモネジを外す意味は皆無です。
もう一生外れなくていいです。なんだか悔しいけど。


このバレルナットを外す工具もちゃんと買っておきました。
けっこう高いですね。VFCさん。


外してビックリしたのは、このバレルナット
スチールじゃないです。とても軽いのでアルミかな?大丈夫なんだろうか?


この状態までばらせる事ができるようになったのでチャンバーパッキンも交換できますね。
たぶんしないけど。お座敷ですから。
*バリが結構残ってますね。

チャンスがあれば、この滑り台部分を切り取りたいのですが。。。。

ということで本日は以上です。
壊さずにハンドガード~アウターバレルを外すことが出来るようになったというところまでです。


mk11mod0が続きますからまた見に来てください。


  


Posted by イベルオ  at 13:40Comments(0)Mk11mod0(VFC)

2018年03月31日

今更ながらVFC Mk11mod0です。(その3)

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

VFC Mk11mod0をちょっとずつ愛せる形にできるようにいじってる際中でございます。

見た感じ(外装)はそれっぽくなったと思うのですが、まだ数カ所気に入らないところがありまして。

まず、このハンドガードのナットがビクともしない。
全然回りません!他の方も書いてる方を見かけましたのできっと多くの方が経験してるのだと思います。

サバゲするのには、ゆるまないほうがいいかもしれないですがお座敷派といたしましてはもう少し分解しやすいほうが嬉しいです。どうせ緩むのが嫌な方はネジロックなんかで固定すると思いますから。

なぜ、分解する必要があるのかといいますと2点ほど理由がありまして。

(1)ハンドガードを取って、ハンドガードの前方についてるヘンテコなプレートを取り除きたい。

画像がうまく撮れない位置なので説明しにくいのですが、ハンドガードの前方でガスブロックの後側にプレートがバレルに噛ましてありましてハンドガードにピッタリくっついています。

この辺りの事はKashiyuko様のブログに出ているのでご参考まで

このへんなプレートってなんのためについてるのでしょうか?
バレルが長いからハンドガード内でセンターを出すための補助かな~~?って勝手に思ってます。
本物には絶対このようなものはないと思います。だってフリーフロートバレルでなくなってしまいますから。
*また、今度この余計なプレートを外すことが出来ましたらUPします。






(2)ガスチューブ代わりにレシーバーに入る部分のネジが黒いので交換したい

嫁さんと息子に協力してもらって、3人がかりでナット部分に薄いゴム板巻きつけて大きなプライヤーみたいな工具で挟んで回しました。
それでもなかなか外れませんでしたよ。壊れるかと思いました。一体どのような締め方してるのでしょうか?


やっと外れたのでエアボーンさんに売ってるコレに交換したい
ガスチューブが途中で切れてて、ホップを調整するシステムのためにダミーのガスチューブが必要なわけです。取り付けますと、ちらっと銀色のガスチューブもどきが見えるということですね。




以上 2点のことを解決したいのでハンドガードを外したかったのです。



やっとこのリングが緩んでハンドガードが前方にずれましたが、
ヘンテコなプレートのせいでハンドガードは抜けてません。
まあ、この状態まででもエアボーンさんのダミーガスチューブ仕様のネジは交換できますね。

でもバレルは外さないとチャンバーのゴムの交換もできませんし。たぶんしないけどお座敷ですから。
このバレルの途中についてるイモネジ2か所外してから バレルの前側だけをハンドガードの前側から外すらしいです。

何だこりゃ~~~。へんなの。

イモネジ2か所外しても全くバレルが緩みません。

諦めモード。。。。今日は壊しそうなので元に戻そうかな。


  


Posted by イベルオ  at 11:52Comments(4)Mk11mod0(VFC)